タダスポーツについて -有限会社多田商店-

 タダスポーツ(有限会社多田商店)は東京都渋谷区にある1893年創業の会社です。スタート時は下駄屋でした。今は広尾にある激安スニーカーショップになります。

 タダスポーツの送料は本州・四国540円、北海道・九州・沖縄県1,080円ですが、10,000円以上お買い上げで送料無料になります。クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersなどが使用可能となっています。代引きも利用できます。

「タダスポーツ」の取り扱い商品

 取り扱いブランドは、ナイキ、アディダス、ニューバランス、プーマ、リーボック、コンバース、パトリック、ロックポート、アシックス タイガー、鬼塚タイガー、アシックス、スピングルムーヴ、アドミラル、スペルガ、リーガル、クラークス、メレル、キーンなど。

クリック→タダスポーツYahoo!ショッピング店へ移動

クリック→タダスポーツ楽天市場店へ移動

並行輸入って偽物なの?

 「タダスポーツ」には「タダスポーツは、ニューバランス正規取扱店です」といった文言が目に付くかと思います。この正規取扱店という言葉について説明する前に、ブランド品の定価の話をします。

 ブランド品は国ごとに定価が決められていますので、日本よりも安い国に行けば、同じ本物の商品でも安く購入することができます。他国でブランド品を仕入れて、国内の正規店よりも安く販売するのが並行輸入です。他国の正規店等で購入しているので、並行輸入品は偽物ではなく本物です。

 対して、メーカーのある国などから、日本の輸入代理店を経由して仕入れているのが正規輸入です。輸入時には厳しいクオリティーチェックがされ、それをクリアした商品のみが店頭に並びます。これを国内正規品と呼びます。

 国ごとに定価設定が異なるのは、国によって宣伝活動費などが違うからです。人件費の高い日本で採算を取るには、定価も高く設定する必要があります。逆に、日本よりコストがかからない国では低く設定できます。同じものを買うなら安い国で買った方がお得なので、ブランド品を買いに海外旅行をする人がいるのです。

 ただ、現地向けに販売されたものなので、説明書が日本語で書かれていなかったり、メーカーの保証がつかない場合があります。並行輸入店の保証は製造メーカーのものではなく、販売店のものになります。

タダスポーツの評判 - レビュー・口コミ -

 ネットショップの売り上げは評判や口コミに大きく影響されます。高額商品になればなるほど、ネガティブキーワードで検索されがちです。そういった状況の中で、継続して運営をされていること自体が、その信頼性の証ともいえます。

 インターネット上で「タダスポーツ」という言葉と一緒に検索されているのは、楽天 タダスポーツ、タダスポーツ 偽物、タダスポーツ タイムセール、タダスポーツ 宮崎、タダスポーツ メレル、タダスポーツ ナイキ、タダスポーツ 宮崎市、タダスポーツ ニューバランス、ただスポーツ、広尾タダスポーツです。

クリック→タダスポーツのレビュー・口コミへ移動

「タダスポーツ」の特定法取引に基づいた情報