携帯少年について -株式会社ウルス-

 Yahoo!ショッピングにあった「携帯少年」を運営していた株式会社ウルスは、東京都渋谷区にある2007年設立の会社でした。2016年に、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社グループの株式会社イオシスによって吸収合併されています。このページは、合併前に書いています。

 “意外と知らない「実質負担額」のからくり”と題して、スマートフォン購入の費用に関する言葉を解説しているブログ(https://kaitorishonen.com/wp/faq/kishuhenkou/jissitufutangaku/)があります。

 携帯少年の取り扱い商品は、ドコモの携帯電話本体はスマートフォンがApple、サムスン、ソニーエリクソン、富士通、シャープ、パナソニック、NECカシオモバイル、LG電子など、ガラケーが富士通、LG電子、パナソニック、シャープ、NECカシオモバイルなど、タブレットやSIMもあります。auの携帯電話本体はスマートフォンがApple、HTC、ソニーエリクソン、富士通、シャープ、京セラ、カシオ、サムスン、東芝、NECなど、ガラケーがシャープ、タブレットやSIMもあります。SoftBankの携帯電話本体はスマートフォンとガラケー。スマートフォンアクセサリーもあります。

閉店→「携帯少年」Yahoo!ショッピング店

クリック→楽天市場店へ移動

携帯少年の白ロムについて

 白ロムとは、本体に電話番号などの情報が入っていない携帯電話のことです。キャリアショップや家電量販店の在庫とは違い、前の所有者が中古品の買取をしている業者に渡したものになります。携帯少年で販売しているau端末はすべて、ショップでロッククリアが必要になります。その際に別途2,100円がかかります。

携帯少年の評判 - レビュー・口コミ -

 ネットショップは信頼が命です。悪い評判や口コミが広がってしまうと、大きな損失に繋がってしまいます。そういった状況の中で、長い間 運営をされていること自体が、その信頼性の証ともいえます。

 インターネット上で「携帯少年」という言葉と一緒に検索されているのは、口コミ、買取、イオシス、店舗、楽天、販売、ランク、退会です。以下は、株式会社イオシスが運営する携帯少年のものです。

クリック→中古スマホとsimフリーの携帯少年のレビュー・口コミへ移動

「携帯少年(旧)」の特定法取引に基づいた情報